留学後の就職がうまくいかない?意外な理由と対策について

ゆきち
僕自身も2年半の留学後に控えていた就職活動は憂鬱なものとして捉えていました。幸いにも就職できましたがみんなが思い描いた通りの仕事に就ける訳では無い

なぜ留学後の就職はうまくいかない?

プライドが高い

みんながそうとは言いませんが、「留学した=人と違う経験を積んだ」と考える人は多いと感じます。

もちろんその通りではあるのですが、あまりに増長しすぎるせいで得られたはずの雇用チャンスを失ってしまうことも考えられるので注意が必要です。

できるのは英語「だけ」?社会経験の不足

これは新卒に限りますが、留学していた人はそうでない人と比べて正社員としての経験が欠如しています。

いくら語学に秀でていたとしても、それは最低限の仕事ができて初めて生かされるものです。基本的なコミュニケーションや取引先との折衝術などは周りに一歩遅れをとっていると考えるべきでしょう。

職種を絞ってしまう

これは僕の話になるのですが、「留学して英語が話せるようになったのだから外資系でバリバリ働いて然るべき」といったプライドをしばらく持っていました。留学で得られるものは語学力だけでは無いにも関わらず、語学力だけで太刀打ちしようとしていたのです。自分にできること、会社から求められていることを冷静に見極められていなかったと思います。

留学後もすっきり就職するためにすべきこと

帰国前からの就職準備

「就活は帰国してから、今は海外生活を満喫しよう」と考えていると思いがけないくらい就職活動に時間をかかけてしまうことになりかねません。

帰国前から興味のある企業の情報収拾をしたり、留学経験者を対象とした就職エージェントへの登録・相談など、国外からでもできることは山ほどあります。早めの行動を心がけましょう。

留学時にしかできないと胸を張って言える経験づくり

留学経験者に対しては、ほぼ間違いなく「留学をした理由」「留学先での成功・失敗体験」などが聞かれます。そんな時、「英語の勉強を頑張りました」「現地の生活に馴染めるよう努力しました」といった当たり前のことだけ伝えてもあなたの経験がプラスに評価されることはありません。

スポーツやコミュニティ参加、趣味や特技なんでも良いので「あなたが海外で打ち込んだこと」の話の引き出しを作っておきましょう。

僕の場合は海外で「日本文化が好きなオタクとの人脈形成」に特化したコミュニティ活動をしていました。これが無ければ今ごろ、ビジネスレベルで通用する英語は身についていなかったと思います。

カナダでのオタク活動写真

カナダでのアニメイベントにて。オタク友達が英語の先生。

英語スキルの視覚化

いくらあなたが「英語が話せるようになりました!」と面接で伝えても、口頭ではその凄さが面接官に伝わることは難しいと言えます。ましてや、書類選考の段階では視覚的に残る情報でなければ周りとの差別化はほぼ不可能です。

「TOEICや英検で語学力は測れない」という人もいますが、万人に伝わりやすい視覚的な価値として視覚の取得をオススメします。

ゆきち
帰国後、英語を使わないとあなたの語学力は驚くほど早く劣化してしまいます。それを考慮して留学中に資格の取得・勉強をしておくことをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?留学自体は勿論人生における一大イベントであり、あなたの中の価値観を大きく変えて進歩させると僕は考えています。

それでも、帰国して就活をする時には「自分はスタートダッシュを切ったのではない、みなと同じラインに立っている」と考えなければ、あなたの長所や経験が企業に伝わりにくくなってしまいます。

「留学した」「語学を学んだ」ということを一旦脇に置き、あなた自身に目を向けた自己分析、そして入念な情報収拾をすることでより良い就職先を見つけることに繋がることでしょう。

The following two tabs change content below.

ゆきち

大学卒業後海外留学を経て広告代理店に就職。 現在はWebコンサルとして活動中。 アニメ、漫画をはじめとした日本のサブカルチャーを愛するいわゆるオタク男子。 インドア趣味以外にもジョギング、温泉、カフェ、料理などを好みます。

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後海外留学を経て広告代理店に就職。 現在はWebコンサルとして活動中。 アニメ、漫画をはじめとした日本のサブカルチャーを愛するいわゆるオタク男子。 インドア趣味以外にもジョギング、温泉、カフェ、料理などを好みます。