他人にビクビク怯えたくない!本気で自信をつける方法3つ

ゆきち
「もっと堂々としたい、でも自分に確固たる自信が持てない、、」「今まで自分は失敗ばかりだったから自分に自信が持てない、、」と感じるせいで行動に制限がかかっていませんか?今回は自信が持てない理由と、そんなあなたに強い自信をつける方法を紹介します!

自信がない、その理由

成功体験がない

これまでの人生で何かを成し遂げたという経験、これが多いほどより強い自信へと繋がります。自信が持てない人の大半はこの成功体験が足りていないのです。

そして残念なことに、成功体験と呼ばれるもののハードルは非常に高く、多くの人が「こんな当たり前のことは成功体験とは呼べない」と自分の経験に制限をかけてしまいます。

完璧主義になってしまう

成功体験を積んでこなかった、という人はおそらく「成功体験がなかったのではなく、自分の理想が高すぎたせいで過去の体験を成功とみなすことができない」のだと思います。

受験勉強、職場のノルマなど、努力して一定の結果は出たはずなのに結果を0か100かでしか判断していないことが理由で全てを「自分は失敗してしまった」と決めつけてしまう。これが自信を喪失する原因になるのです。

上や他人と比較一喜一憂してしまう

また、努力してきた分野でのトップと言われている人や人気がある人と比べてしまう。

せっかく自分自信も前進していたのに、「いくらやってもあの人には勝てない」と比べてしまうことは最初から積んできた自分の努力を否定することになってしまいます。

ここで知ってほしいのは、どんな人もあなたと同様、またはそれ以上にスキルアップのために時間をかけてきたということです。他人と比較し、羨むことは自分だけでなく比較相手の努力を軽視することにもなります。

目指す目標が漠然としている

たとえば、「10年以上勉強しているのに、私はいつまで経っても英語が話せない」と思っている人がいたとします。

この人の「英語を話せるようになる」というのはどのような状態にあることを言うのでしょうか?

  • カフェで注文ができるようになる
  • 人に道を案内できるようになる
  • 共通の趣味を持つ友達と会話できるようになる
  • TOEICで800点以上獲得する

このように挙げるだけでもその内容は千差万別です。「英語を話せるようになる」というのはそれだけ曖昧で達成判断が難しい目標なのです。

もしかしたら、上に挙げたような目標設定ならとっくに達成しているかもしれません。それなのに「英語を話せるようになる」という曖昧な目標設定のせいで「自分はいつまでたっても達成できない」という不満が募る結果、勝手に自信を喪失してしまうのは勿体無いですよね?

自信をつける方法

他人と比較しない

自分より優れた他人と比べたところで、あなたが向き合う問題は解決するのでしょうか?

ましてや、比較によってメンタルが不安定になる人の場合はいいことは一つもありません。むしろ悩んでいる時間をスキルアップに費やし、少しでも前進した方がより自信をつけることができます。

その代わり、過去と現在の自分を比較する

他人との比較をしない代わりに、今までの過去の自分と今現在の自分を比べてみましょう。

ひとつの仕事にかけていた時間の長さや、SNSのフォロワー、もらっている給与・時給などなんでも構いません。昔と比べて今の自分はより多くの成果を出していることを実感しましょう。

「案外俺って前より進歩してるじゃん!」と実感することが小さな一歩になります。

ゆきち
僕の場合、iPhoneで撮影した今までの画像やSNSの投稿を見返すことで「今までいろんな人に会って、様々なことをしてきたんだなぁ」と思い出に浸って自信を得ています!

目標設定は細かく

何か達成したい目標がある時は、最終ゴールとなる目標だけでなく途中経過となる経過地点も目標として細かく設定するべきです。

例えば、副業で月10万円稼ぐ!という最終ゴールがある場合、直接それを目標とするのではなく以下の様にゴールから逆算して、目下やらなければいけないことを導き出してみましょう。

副業で月10万円稼ぐ

→そのために行う仕事をピックアップする▶️ブログ収入で10万円を稼ぐ!

→ブログ収入で月10万円稼ぐために必要なPV数は?▶️月間30万PVを目指す!

→月間30万PV(1日1万PV)を目指すために必要な記事数は?▶️1日50PV稼げるページを200記事書く!

→200記事を書くためには?▶️1日1記事ペースで7ヶ月間毎日記事投稿をする!

→毎日記事を書くためには?▶️毎日記事執筆のための時間を3時間確保する!

→毎日3時間を確保するためには?▶️睡眠時間か娯楽時間を毎日3時間削る!

→睡眠時間か娯楽時間を毎日3時間削るためには?▶️早寝早起きする!

この場合、副収入で月10万円を稼ぐために毎日の早寝早起きを細かい目標とします。

毎日この目標を達成できたら自分を思い切り褒めてあげましょう。

ゆきち
布団の中から出たくない、でも頑張って起きる俺えらい!!と自分を鼓舞したい時はこの歌を聞きましょう笑

まとめ

自信をつけるのに必要なのは「自分はこれだけ頑張った」という根拠です。

そして、どんな人でも頑張ってきた結果はあるんです。問題はそれを成功体験と認めてあげられていないことです。まずは現在・過去の自分を省みて「どれだけ自分が変化・進歩しているのか」を深く知ることが自信をつけるための一歩となります。

自信をつけるのは他の誰でもない、自分のためです。だからどんな些細なことでも自信を形成するための糧として利用しちゃいましょう!

The following two tabs change content below.

ゆきち

大学卒業後海外留学を経て広告代理店に就職。 現在はWebコンサルとして活動中。 アニメ、漫画をはじめとした日本のサブカルチャーを愛するいわゆるオタク男子。 インドア趣味以外にもジョギング、温泉、カフェ、料理などを好みます。

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後海外留学を経て広告代理店に就職。 現在はWebコンサルとして活動中。 アニメ、漫画をはじめとした日本のサブカルチャーを愛するいわゆるオタク男子。 インドア趣味以外にもジョギング、温泉、カフェ、料理などを好みます。