「毎日同じことの繰り返し、このままでいいのかな?」そう思ってるのはあなただけじゃない件について

タカ
僕、このままでええんかな?って思ってるのはあなただけじゃないですよ

いろんな人が思っていることの1つに、「このままの自分でいいのかな?」って人、多いと思います。

僕もその1人で、常に「これからどうしよう」と考えています。

そんなあなたに、僕が悩んだ時にどう考えて解決しているかをご紹介します!

今のままでいいかどうかを具体的に判断する

これからどうしようかと悩んでいるのは何故?

あなたが今悩んでいるのはどうしてでしょうか。

例えば

  • 収入面で友人や知り合いより劣っているから?
  • 結婚適齢期と言われる年齢を過ぎたから?
  • 親の当たり前を押し付けられている?

など。

まず、今悩んでいることを紙に書いてみてください。

僕は「これからどうしよう」って考える度に紙に書き出しています。
それによって、今の自分がどういう理由で悩んでいるかを客観的に見ることができます。

常識や焦りについての記事があるので、こちらも読んでみてください。

焦りや常識に流されてない?FACTFULNESSを読んで知った、思い込みの恐ろしさ

2019.02.17


やりたいことができている?

今やりたいことができているかどうか、思い返してみてください。

自分が楽しいと思えることをやっているのに、今の自分でいいのかなって思っているのは変ですよね?

今楽しいのにこのままでいいって悩むのは、本当に自分がやりたいことができているかをもう一度確認してください。

 

僕はほぼ毎日自問自答しています。

自問していく中で、「今の自分で問題ない」って納得するまで色々考えます。
結果が納得できたらそれで良いし、納得できなかったら何かを変えないといけないと思います。

 

スティーブ・ジョブズの名言でこんな言葉があります。

「17の時に、こんな名言に出会ったよ。“毎日を人生最後の日のように生きれば、間違いなく最高の人生を送れる”ってね。それ以来33年間、私は毎朝鏡を覗き込んで、こう自問し続けた。“もし今日死ぬなら、今日やろうとしていることを本当にやるか?”そして、その答えがNoである日が続いたときは、何かを変えなきゃいけないんだってわかったよ。」(Wikipediaより)

 

この言葉は、毎日人生最後の日と思って生きれば満足できる人生が送れんじゃないかと伝えたいんだと思います。

もし自問で「このまま人生が終わるのはいやだ」と思ったら何かを変えないといけないということですね。

 

変えたいと思うなら、何をどうするかを考える

自分が変われば良くなる、生きやすくなるならするべき

自問自答の中で、このまま生きるのはいやだと思ったら、どうしたらいいと思いますか?

それは、何かを変えるか変えないかを決めることです。

自分の生き方・人生を自分で選択することが大事です。
親・友人・恋人から言われたことを鵜呑みのするのではなく、自分で考えた上で決定してください。

僕は20代前半まで親から言われたことにずっと従っていたので、常に自分の人生を生きていたと思えませんでした。
でも、23歳で初めてバンクーバーに留学に行って、色んな考え方を知りました。
自分の人生は自分で作っていかないと誰も責任を取ってくれません。

原因が自分以外にあるなら、環境を変える

悩みの原因が自分以外にあるなら(会社の環境、人間関係、場所など)、環境を変えるしかないと思います。
自力でできることなら努力するべきだと考えますが、自分でどうしようもない問題に立ち向かうのは無謀です。

居心地が良い場所、人を求めて動いていきましょう。

結果を否定しない

今のあなたがいるのは今までの経験の積み重ねの結果

今のあなたが存在しているのは、今までの人生の積み重ねです。

なので、今までの人生を否定してはいけません。

  • 大学に行かなければよかった。
  • 職場選びに失敗した。
  • この人と付き合わなければよかった

過去のことを後悔することはいくらでもできますが、これからのことに意味があるならいいですが、ただ落ち込むだけなら考えるのをやめましょう。

まとめ


いかがでしょうか?
「毎日同じことの繰り返し、このままでいいのかな?」と悩んだとき、大事なのは自分の意志で決めることです。

タカ
自分の人生一度きりしかないので、後悔よりもこれからのことを考えてみませんか?
The following two tabs change content below.

Taka

関西のWebデザイナー。元歯科技工士。自分らしく行きていくために色々模索しています。アニメやコスプレが好きです。Webサイトや動画編集ができます。ノイナリのサイトの管理もしています。